革命記念日や万聖節など、フランスの祝日まとめ

旅行先として人気の高い国、フランス。世界遺産モンサンミッシェルをはじめ、ルーブル美術館やエッフェル塔があるパリ、リゾート地としても有名なニースなど1度は訪れたい観光スポットが数多くあります。

また、フランスでは日本文化の総合博覧会であるジャパン・エキスポが開催されるなど日本文化に関心が高い人も多く、訪日フランス人の数も年々増加傾向にあります。そこで今回は、知っておくと便利なフランスの祝日を一覧にしてみました。



フランスの祝日一覧

1月1日 元日(Jour de l’an)
イースター翌日の月曜日 イースター・マンデー(Lundi de Pâques)
5月1日 メーデー(Fête du Travail)
5月8日 第2次世界大戦戦勝記念日(Fête de la Victoire)
イースターから39日後の木曜日 キリスト昇天祭(Jour de l’Ascension)
イースターから50日後の月曜日 ウィット・マンデー/聖霊降臨祭月曜日(Lundi de Pentecôte)
7月14日 革命記念日(Fête Nationale)
8月15日 聖母被昇天祭(Assomption)
11月1日 諸聖人の日/万聖節(Toussaint)
11月11日 第1次大戦休戦記念日(Armistice de 1918)
12月25日 クリスマス(Jour de Noël)

※フランスには振替休日の制度はない。

オススメ旅行予約サイト

格安価格で海外航空券やホテルが予約可能な2社をピックアップしました。

HIS(エイチ・アイ・エス)

海外旅行の定番、HIS。価格面でも他の旅行予約サイトと比較して安い印象です。

Trip.com(トリップドットコム)

世界で3億人が利用する旅行予約サイト。利用者数が多いこともあり、航空券もホテルも他のサイトよりも安い商品が多い印象です。

編集後記

年間11日あるフランスの祝日ですが、ドイツに近いフランス北東部の一部では、聖金曜日(イースター前の金曜日)や聖エティエンヌの日(12月26日)も祝日扱いになる地域があるようです。アルザス地方などに旅行や出張に行かれる際は、事前に確認してみてください。