アメリカ大統領選挙はいつ?2020年ほか、近年の大統領選挙まとめ

4年に1度、夏季オリンピックと同じ年に実施されているアメリカ大統領選挙。投票日は11月の第1月曜日の翌日と定められています。2020年については、11月3日(火)が投票日となっています。他国のことではありますが、気になるんですね。

一部の州では休日となっていますが、多くの州では平日ということで有権者は仕事や学校があるため、投票率は近年50%前後で推移していると言われてます。以下、近年の大統領選挙について整理してみましたので、ご参考頂ければと思います。



近年のアメリカ大統領選挙

投票日 共和党候補 民主党候補
2020年 11/3(火) ドナルド・トランプ ジョー・バイデン
2016年 11/8(火) 〇ドナルド・トランプ ヒラリー・クリントン
2012年 11/6(火) ミット・ロムニー 〇バラク・オバマ
2008年 11/4(火) ジョン・マケイン 〇バラク・オバマ
2004年 11/2(火) 〇ジョージ・W・ブッシュ ジョン・ケリー
2000年 11/7(火) 〇ジョージ・W・ブッシュ アル・ゴア

※〇が大統領当選者になります。

編集後記

アメリカではなぜ平日に大統領選挙が実施されるのか疑問に思っていましたが、もともと日曜日はキリスト教徒の安息日ということで、日曜日が除外され、移動等も考慮して火曜日とされてきた背景があるようです。

現代では合理的ではないことであっても、過去の取り決めを踏襲するケースがアメリカにもあるんだなと思いました。ご参考頂ければと思います。