節分はいつ?2022年、2021年など直近5年分の日付まとめ

恵方巻を食べたり、豆まきをする節分の日ですが、2月3日と認識している方が多いのではないかと思います。しかし実際には2月3日と固定されているのではなく、立春の前日が節分の日とされています。

2021年については立春が2月3日になる関係で2月2日(火)が節分の日となります。節分の日が2月2日になるのは、1897年以来124年ぶりなのですが、2021年以降は2月2日が節分の日となる年も増えるようです。そこで、ここでは2022年、2021年など直近5年分の節分の日付をまとめてみました。



節分の日とは?

春の始まりを意味する立春の前日が節分の呼ばれています。漢字の通り、季節を分けるという意味です。鬼を追い払うために豆まきをしたり、恵方を向いて巻き寿司を食べると縁起が良いとされ恵方巻を食べる文化も定着しています。

直近5年の節分の日付

2022年 2月3日(木)
2021年 2月2日(火)
2020年 2月3日(月)
2019年 2月3日(日)
2018年 2月3日(土)

節分関連のオススメ商品

・節分豆まきセット:様々な種類の豆のほか、鬼のお面も付いたセットになっています。

・鬼のかつら:小さいお子さんがいる家庭など、お面だけでなく、鬼のかつらもあると豆まきがより盛り上げります。

編集後記

節分の日が変動することで、節分の本来の意味を調べるきっかけになるのではないかと思います。恵方巻を食べたり、豆まきをするのもよいですが、それぞれの意味合いを知ることでより充実した時間を過ごせるはずです。ご参考頂ければと思います。