各都市のGo To トラベルキャンペーン一時停止期間まとめ

Go Toトラベルキャンペーンの全国一斉一時停止が先日決まりましたが、都市によって一時停止期間が微妙に異なるため、こちらで情報を整理してみました。

大阪市、札幌市、名古屋市、東京都、広島市を除く地域については、2020年12月28日(月)から2021年1月11日(月)までの間のGo Toトラベルキャンペーンが対象外となります。



一時停止の概要

・2020年12月28日(月)から2021年1月11日(月)、この期間が含まれる旅行がGo To トラベルキャンペーンの対象外に。

・12月24日(木)までにキャンセルすればキャンセル料は無料。

・大阪市、札幌市、名古屋市、東京都、広島市についてはキャンペーン対象外期間が異なる。

公式HP https://goto.jata-net.or.jp/

例外となる地域のキャンペーン対象外期間

大阪市

大阪市を目的地とする旅行は12/14(月)から12/27(日)の新規予約を停止。つまり12月14日から1月11日までがキャンペーン対象外に。既に予約済みの場合、12月21日以前に出発であればキャンペーン対象。

札幌市

札幌市を目的地とする旅行は12/14(月)から12/27(日)の新規予約を停止。つまり12月14日から1月11日までがキャンペーン対象外に。既に予約済みの場合、12月21日以前に出発であればキャンペーン対象。

名古屋市

名古屋市を目的地とする旅行は12/14(月)から12/27(日)の新規予約を停止。。つまり12月14日から1月11日までがキャンペーン対象外に。既に予約済みの場合、12月21日以前に出発であればキャンペーン対象。

東京都

東京都を目的地とする旅行は12/18(金)から12/27(日)の新規予約を停止。。つまり12月18日から1月11日までがキャンペーン対象外に。既に予約済みの場合、12月21日以前に出発であればキャンペーン対象。

広島市

広島市を目的地とする旅行は12/17(木)から12/27(日)の新規予約を停止。つまり12月18日から1月11日までがキャンペーン対象外に。既に予約済みの場合、12月23日以前に出発であればキャンペーン対象。

キャンペーンを使った帰省方法

Go To トラベルを使って帰省しようと考えていた方も多いのではないかと思います。休みが比較的自由に取得できる方であれば、1月12日以降に予定変更するほうがいいのかもしれないですね。休みの調整が難しい方であれば、キャンセル、あるいは通常料金を払って予定通り帰省する形になるのですね。

キャンペーン再開後の話になりますが、飛行機+1泊以上の宿泊、もしくは新幹線+1泊以上の宿泊することで実家に帰省することもGo To キャンペーンの対象となります。

交通付き宿泊商品がGo To トラベルの対象であることから、単純に飛行機や新幹線の移動手段のみを利用した場合は対象外です。

オススメの利用方法

航空券と宿泊セット、新幹線と宿泊セットの商品がわかりやすい3社をピックアップしました。

楽天トラベル

ANA楽パック、JAL楽パックで往復の航空券と1泊分の宿泊を予約。例えば、12月1日~12月10日で帰省する場合、12月1日と12月10日の航空券を予約、初日の12月1日の1泊を宿泊予約するという形になります。

日本旅行

新幹線の往復チケットと1泊分の宿泊を予約。こちらも同様に例えば、12月1日~12月10日で帰省する場合、12月1日と12月10日の新幹線を予約、初日の12月1日の1泊を宿泊予約するという形になります。

JALダイナミックパッケージ

JALの航空券と宿泊を組みわせたダイナミックパッケージのみになりますが、定期的にタイムセールも開催されているのでオススメです。

編集後記

一時停止期間は2020年12月28日(月)から2021年1月11日(月)までとなっていますが、全国的な感染拡大は続いていますし、1月12日(火)以降の旅行についても少し様子を見たほうがいいのかもしれないですね。

また、各地の一時停止に関する詳細情報については公式HP等でご確認頂ければと思います。