全国旅行支援(全国旅行割)を使って実家に帰省する方法まとめ

政府が実施する、全国を対象にした観光需要喚起策「全国旅行支援」が2022年10月11日からスタートしました。全国規模の旅行支援策は、約1年10ヶ月ぶり。コロナ禍ということで、年末年始やお盆の帰省を諦めた方も多かったのではないでしょうか。

感染状況が落ち着いたと判断された上で実施される「全国旅行支援」。この機会に、割引を利用して帰省する方法について整理してみました。

全国旅行支援特設ページ@楽天トラベル

全国旅行支援特設ページ@JTB

全国旅行支援特設ページ@日本旅行



全国旅行割(全国旅行支援)概要

期間 2022年10月11日~12月下旬
割引率 40%
割引上限額(1人1泊(回)当たり) 交通付宿泊旅行商品 8,000円、宿泊のみ・日帰り旅行商品 5,000円
クーポン券(1人1泊(回)当たり) 平日3,000円、休日1,000円
対象地域 全国の都道府県 ※都道府県から申し出があれば、当該都道府県を目的地とする旅行を支援対象から除外
利用条件 本人確認書類およびワクチン3回目接種証明書、またはPCR検査等の陰性証明書の提示

各都道府県のキャンペーン特設サイトからの情報

・最低旅行代金:平日5,000円、休日2,000円
・連泊上限:1旅行につき連泊か否かを問わず7泊まで
・休日の定義:宿泊旅行商品は宿泊日とその翌日ともに「土・日・祝」の場合、日帰り旅行商品は利用日が「土曜・日曜・祝日」の場合

などの細かい条件があります。その他、詳細が異なる部分があるため詳しくは旅行先の各都道府県キャンペーン特設サイト等をご確認ください。

帰省が対象となるケース

ホテルや旅館などでの宿泊を伴う旅行が割引の対象となることから、帰省先の宿泊場所が実家のみの場合は対象外となります。

飛行機や新幹線などの交通機関を利用した場合の方が割引上限額は高く設定されていますが、自家用車を利用して帰省した場合も、1泊以上ホテルや旅館に宿泊することで全国旅行割を利用することができます。

オススメの利用方法

航空券と宿泊セット、新幹線と宿泊セットの商品がわかりやすい3社をピックアップしました。

楽天トラベル

ANA楽パック、JAL楽パックで往復の航空券と1泊分の宿泊を予約。例えば、12月1日~12月10日で帰省する場合、12月1日と12月10日の航空券を予約、初日の12月1日の1泊を宿泊予約するという形になります。

日本旅行

新幹線の往復チケットと1泊分の宿泊を予約。こちらも同様に例えば、12月1日~12月10日で帰省する場合、12月1日と12月10日の新幹線を予約、初日の12月1日の1泊を宿泊予約するという形になります。

JALダイナミックパッケージ

JALの航空券と宿泊を組みわせたダイナミックパッケージのみになりますが、定期的にタイムセールも開催されているのでオススメです。

その他旅行予約サイト

じゃらん

宿やホテルの予約のほか、JR+宿泊、航空券+宿泊のパックも予約可能です。

JTB

じゃらん同様に宿やホテルの予約のほか、JR+宿泊、航空券+宿泊のパックも予約可能です。

一休.com

高級ホテル・旅館・ビジネスホテルの予約が可能です。

編集後記

帰省と言えば実家に泊まることが多いとは思いますが、家族への感染のリスクなども考慮すると、宿泊場所を別にするというのも良いアイディアではないでしょうか。費用面が心配な方にとっても、宿泊料金次第では実質の支払額をかなり抑えることができますので、検討してみる価値はあると思います。

1人1泊当たりの補助額は最大で割引8,000円+クーポン券3,000円の合計11,000円(交通付き平日宿泊旅行の場合)。よりお得に利用するには、平日の利用をオススメします。

また、観光庁は旅行需要の平日への分散を推進する「平日にもう一泊」キャンペーンの実施を発表しています。新たに設ける特設サイトにおいて、キャンペーンに登録する平日向けの旅行商品の情報を一元的に発信するそうです。

ここでは細かい規定等については触れておりませんので、ご予約前にはオンライン旅行予約サイト等で詳細や規程のご確認をお願いいたします。また「全国旅行支援」は都道府県ごとに詳細が異なりますので、帰省先の各都道府県のキャンペーン特設サイト等もあわせてご確認ください。