マンションのベランダでも気軽にできる家庭菜園まとめ

自宅で手軽にできる家庭菜園を始めたいという方が増えてきているようです。庭やベランダで栽培・収穫した新鮮な野菜を食卓で味わえるなんて、最高の贅沢ですよね。私も家庭菜園を始めてみて本当に良かったと思っています。自分で育てるからこそ安心安全です。



四季折々の自然や野菜の生長を楽しめ、適度に体を動かしながら土や植物に触れることで気分転換にもなります。お子様がいらっしゃるご家庭では食育の機会にもなるのではないでしょうか。良いことづくしの家庭菜園、ぜひ始めてみてください。

家庭菜園に必要なもの

今回は、ベランダでも手軽にできるプランター栽培に必要なものの一例をご紹介します。

・鉢やプランター
様々なサイズがあるので、育てる作物に合わせて適切な大きさのものを選んでください。※通気性が良く鉢底石が不要なものなどもあるようですので、購入時にご確認ください。

・鉢底ネット
鉢やプランターの穴から土が流れ出ないように底に敷きます。

・鉢底石
土の排水性や通気性を良くするために、鉢底ネットの上に敷いて使います。

・培養土
あらかじめ野菜の栽培に最適な配合でブレンドされた土です。最近は鉢底石不要の土も販売されているようです。

・肥料
培養土に含まれる肥料が切れた際に追肥として使います。

・ミニスコップ(移植ゴテ)
苗を植えるときなどに使います。

・ジョウロ
普段の水やりに。ジョウロの先のハス口が取り外し可能なものがあると、より使いやすいと思います。

・園芸用はさみ
芽かきなど生育途中の管理作業や収穫時に使います。個人的にはステンレス製がオススメです。

・ひも
支柱の固定や生育途中のつるや茎の誘引の際に使います。

・支柱
トマトやミニトマト、ゴーヤなどの栽培時に必要になります。野菜によっては不要な場合もあるので、必要な場合のみご購入ください。

オススメの野菜やハーブ

・ミニトマト
・オクラ
・ピーマン
・きゅうり
・ナス
・青シソ
・バジル
・パセリ
・ローズマリー

編集後記

今の時期は種や苗の種類が一番充実している時期なので、初めの一歩が踏み出しやすいと思います。種をまいてじっくり育てるのも良いですし、難易度が高そうであれば苗を買ってきて植え替えすれば、より手軽に始められます。一度野菜が育つ喜びや楽しみを味わったら、やめられなくなるかもしれません。ほんの一例ですが、ぜひご参考ください。