埼玉県内の新型コロナウイルス感染者数の推移まとめ(2021年1月28日更新)

世界各地で感染の拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、埼玉県内でも連日感染者が出ている状況が続いています。埼玉県では毎日夜に当日の感染者数が報告されています。

ただし、当日の感染者数だけでは傾向が見えにくいこともあり、ここでは先週と比べてどうなのか、比較しやすいように整理をしてみました。

感染者数の多かった日TOP5

順位 日付 感染者数
第1位 1/16(土) 582人
第2位 1/9(土) 518人
第3位 1/8(金) 496人
第4位 1/15(金) 489人
第5位 1/7(木) 459人



直近4週間の感染者数推移

日付 感染者 累計 先週比
1/28(木) 292人 24386人 -144
1/27(水) 247人 24094人 -164
1/26(火) 253人 23847人 -168
1/25(月) 250人 23594人 -78
1/24(日) 285人 23344人 -148
1/23(土) 325人 23059人 -257
1/22(金) 358人 22734人 -132
1/21(木) 436人 22376人 -19
1/20(水) 411人 21940人 +20
1/19(火) 421人 21529人 +160
1/18(月) 328人 21108人 -19
1/17(日) 433人 20780人 +19
1/16(土) 582人 20347人 +64
1/15(金) 489人 19765人 -7
1/14(木) 455人 19276人 -5
1/13(水) 391人 18821人 -3
1/12(火) 260人 18430人 -109
1/11(月) 346人 18170人 +104
1/10(日) 414人 17824人 +209
1/9(土) 518人 17410人 +305
1/8(金) 496人 16892人 +276
1/7(木) 459人 16396人 +129
1/6(水) 394人 15938人 +150
1/5(火) 368人 15543人 +68
1/4(月) 243人 15175人 +59
1/3(日) 205人 14932人 -6
1/2(土) 213人 14727人 -52
1/1(金) 220人 14514人 -78
12/31(木) 330人 14294人 +79

公式Twitter

日々の埼玉県の新型コロナ感染者数はTwitterでも速報しております。

情報元

URL https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/covid19/

各地の感染者数情報

埼玉県以外にも、日本全体の感染者数や比較的感染者数の多い地域の日々の感染者数情報をまとめています。

コロナ禍のオススメサービス

【生協の宅配パルシステム】
買い物に出る回数を減らすことで感染のリスクを減らすことができるように思います。特に小さい子どものいる家庭など、日常的に生協の宅配を利用することで買い出しの負担も軽減できます。

【CrowdWorks(クラウドワークス)】
コロナによって実体経済への影響も日に日に深刻化しています。個人としては、副業を強化して収入源を多角化することが重要ではないかと思います。日本最大級のクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスには、自宅で稼ぐことのできる仕事が多数登録されているので、オススメです。

【保険チャンネル】
コロナによって家計にも大きな影響を与えています。住宅ローン、保険、教育資金などお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談しながら、家計の見直しをしてみるのも良いのではないかと思います。リクルート社が運営する保険チャンネルでは、FPへの相談が無料でできます。

【GMOコイン】
実体経済に大きな打撃を与えているコロナですが、仮想通貨市場ではビットコインをはじめ、様々な通貨が高騰しています。いつが買い時なのかは判断難しいですが、まずは東証一部上場の大手企業が運営する口座を開設し、いつでも購入できる準備だけはしておいたほうがいいのではないかと思います。

【TechAcademy(テックアカデミー)】
様々な業界、業種がコロナの影響を受ける中、IT関連の職種については積極採用が目立ちます。アフターコロナの時代でもその流れは加速することが予測されますので、このタイミングでプログラミング等ITスキルを身に着けることは重要なのではないかと思います。TechAcademyでは無料体験実施中です。

感染予防商品

▶不織布マスク:50枚送料込400円台が出始めています。

▶消毒液:まだ品薄傾向が続いています。

▶ハンドソープ:手洗いを習慣づけすることで、様々な病気の予防になると思います。

編集後記

以上となります。経済を動かしながら、コロナウイルスの収束を目指すことは難しいことなのだと思います。当面はマスクや手洗い、うがいを徹底して、感染予防を続けていくことが必要です。皆さまも免疫力を高めて、お身体に気を付けてお過ごしくださいませ。