今年のブラックフライデーはいつ?2021年、2020年など直近5年分まとめ

ここ数年日本でも耳にするようになったブラックフライデー。アメリカの小売店における大セールの日を指し、11月第4木曜日の祭日であるサンクスギビングデー(Thanksgiving Day)の翌日がブラックフライデーになります。

サンクスギビングデーの日付が毎年固定ではなく、11月第4木曜日となっているため、ブラックフライデーの日付も毎年変動します。そこでブラックフライデーはいつなのか、直近5年分まとめについて整理してみました。



ブラックフライデーとは?

アメリカでは、1年間の中で最も物が売れる日とされていて、街は多くの買い物客で賑わいます。ここ数年、日本でもブラックフライデーを採用してセールを行う企業も増えています。

また、ブラックフライデーの翌週月曜日はサイバーマンデーと呼ばれ、オンラインショップのセールイベントも開催されています。

直近5年のブラックフライデーの日付

2021年 11月26日(金)
2020年 11月27日(金)
2019年 11月29日(金)
2018年 11月23日(金)
2017年 11月24日(金)

日本のブラックフライデー

日本でブラックフライデーを大々的に実施している企業として真っ先に思いつくのは、イオンです。他にもバナナ・リパブリックやギャップなどアメリカ系企業をはじめとした実店舗でもブラックフライデーのセールが実施されています。

また2019年はAmazon楽天をはじめとしたオンラインショップでもセールが開催されました。

編集後記

アメリカのブラックフライデーではどのくらい商品が安くなるのか気になりますね。機会があれば、ブラックフライデーのタイミングでアメリカ旅行してみたいなと思います。

日本でも定着するためには、もっと大胆な割引が必要なのかもしれませんね。消費者としては安いに越したことはないので、セールイベントが増えるのは歓迎です。